暮らし役立ちスタッフコラム

快適生活に暮らし役立ちスタッフコラム

スタッフコラム<暮らし><健康><話しのネタ><地域>他・[暇つぶしにどうぞ]

『単身赴任のお父さん』・『単身赴任に縁のない方』暮らしに役立つスタッフコラムをご紹介。
日頃の話しのネタにも。少しお時間がある時や暇つぶしに是非お読み下さい。

スタッフが少しづつ追加更新いたしますので宜しくお願いします。

単身赴任のお役立ちコラム

単身赴任が決まったときに、気になるものの一つに食事があるのではないでしょうか?

自宅からの通勤なら、食事はしっかりと奥様が管理できます。

しかし、単身赴任中はそうはいきません。

 

男性の中にも、料理が得意な人というのはいます。

仕事をしながらでも、上手に家事をこなせる旦那様もいるでしょう。

でも、大半の男性は料理が苦手です。

一人暮らしになると食生活が乱れることが多いものです。

簡単なものですませたり、いつも自分の好きなものばかり食べたりと、栄養バランスの偏った食事になってしまうのではないでしょうか。

 

食生活は、生活習慣病と大きな関係があります。

生活習慣病というのは、「高血圧」「糖尿病」「肥満」「循環器病」などです。

この他にも、生活習慣病と呼ばれているものはたくさんあります。

この生活習慣病は、食生活と大きな関係があるのです。

バランスの悪い食事を続けていると、生活習慣病になってしまう可能性があります。

 

とは言え、単身赴任中の食事を奥様が作るわけにはいきません。

これはもう、本人に食事に気をつけてもらうしかないでしょう。

単身赴任前に「夫に食生活の大切さを教える」というのも、妻の重要な仕事になるかもしれませんね。

そして、単身赴任中の住居を食事付きのものにするということも考えられます。

 

最近、朝食を食べない方が健康に良いという話もありますが、やはり、ビジネスマンにとって、朝食を食べることは大切なことでしょう。

朝食を食べないと、なんだか力が出ないという方も多いのではないでしょうか?

朝食を食べずに会社へ行って、失敗をしたという話もよく聞きます。

 

会議中にお腹がグウグウと鳴ったりするのは恥ずかしいことですし、頭がすっきりせず、ぼうっとして失敗ばかりでは仕事になりません。

朝食をしっかり食べた方が気分が良い、集中しやすいと感じるビジネスマンが多いようです。

朝食を抜くことで失敗が多くなったり、体調が悪くなったというのは珍しい話ではありませんから、朝はしっかりと食事とってから仕事に向かいたいものです。

 

と言っても、単身赴任の場合、しっかりと朝食を食べることが難しくなってしまうのも事実です。

家族と一緒に暮らしているときには、朝食を食べてからの出勤が当たり前でも、単身赴任で一人になってしまうと、朝食を作ることが面倒だったり、朝食を作ることができずに朝食抜きが当たり前になってしまいがちです。

単身赴任先で旦那様にしっかりと朝食を食べてもらうためにも、朝食サービス付きのマンションを選ぶことも考えてみてはどうでしょうか。

単身赴任予定の旦那様を持つ奥様は、単身赴任中の病気のことを心配している方が多いのではないでしょうか。
そこで、単身赴任中の旦那様に食事に取り入れて欲しい「食物繊維」のお話をしたいと思います。
食物繊維は、病気予防に役立つものです。
糖尿病や心筋梗塞、高血圧などの病気を予防してくれます。

普段、食物繊維と読んでいるものには、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類あります。
一般的に、この2つをまとめて食物繊維と呼んでいます。

水溶性食物繊維は、血糖値の上昇を穏やかにしてくれる働きがあります。
これは、脂質や炭水化物の吸収を水溶性食物繊維が遅らせてくれるからです。
さらに、悪玉コレステロール改善や腹持ちを良くする効果もあります。
水溶性食物繊維がたくさん含まれている食品は、「押し麦」「オートミール」「インゲン豆」「あずき」「えだまめ」「アボガド」「海藻」「人参」などです。

不溶性食物繊維には、便秘予防効果があります。
便秘予防効果から、毒素の排出を早め、腸内環境を保ってくれます。
不溶性食物繊維がたくさん含まれている食品は、「押し麦」「オートミール」「りんご」「アボガド」「あずき」「大豆」「さつまいも」「キャベツ」「ブロッコリー」などです。

単身赴任中には、食事に食物繊維を取り入れてもらうようにしましょう。
単身赴任用賃貸マンションでは家具も一通り揃っているのでこのようなインテリアのご心配も不要ですね。

単身赴任中に旦那様が恋しくなるものと言えば、家庭料理ではないでしょうか。

毎日、食べているときにはありがたみを感じないものですが、家族と離れて、奥様の料理が食べられなくなったときにはじめてありがたみを感じる男性も多いものです。

一般的に家庭料理とは、日常的に家庭内で作られている料理のことです。
おふくろの味は、家庭料理の代表と言って良いでしょう。

男性は一人になると、外食が多くなってしまいがちです。
単身赴任で家族と離れていると、自分で料理を作る時間がなかったり、面倒に感じたりすることから、外で食事をすませてしまう男性が多いでしょう。
コンビニのお弁当ばかりという方もいるのではないでしょうか。

精神的に豊かな生活を送るために、家庭料理は大切なものです。

手作りの料理を食べることで、健康的に暮らせるだけでなく、精神的に落ち着いた生活を送ることができます。

単身赴任中の旦那様の生活を豊かなものにするために、家庭料理の提供サービスを利用することを考えてみてはいかがでしょうか。

家庭料理が好きだという男性は多いものです。
インスタントや外食ばかりの生活よりも、家庭料理を食べることで、毎日の仕事もがんばれるのではないかと思います。

 

こちらから暮らしに役立つスタッフコラムを掲載しています。是非お時間のある時にご覧下さい。